2009年09月14日

岩盤浴ガイアからおすすめ番組をご紹介します。

ガイアの自然栽培小麦と日本大麻の精麻で製作した大麻和紙容器番組名は 
こんなステキなにっぽんが「守り続ける先祖の麻〜群馬県 東吾妻町〜」  明日、9月15日BS Hi午後21時30分から21時55分放送です。BShi再放送9月16(水)午後12時30〜55分他には、BS2では9月18日(金)午後18時〜分18時25再放送はBS2は、9月20(日) 午前5時30〜5時55分 
他に放送時間帯は以下の予定です。ご確認ください。 
BShi 毎週月曜 午前7:00〜7:25
総合 毎週火曜 午前10:05〜10:30
総合の放送は、9月29日火曜 午前10:05〜         10:30予定


なぜ、今回この番組をみなさんへご紹介するのかこの番組のタイトル『守り続ける先祖の麻〜群馬県 東吾妻町〜』の400年前から麻糸の原料となる「精麻」をつくり続けてきたドキュメント番組です。
日本の歴史の中ではなぜか近現代史の勉強を小・中・高と学びますが、それ程くわしく学んだ記憶がないかもしれません。そう思いませんか? 

私が最近読んだ本に武田邦彦さんの「大麻ヒステリー」思考停止になる日本人と赤星栄志さんの「ヘンプ読本」麻でエコ生活のススメをご紹介します。


最初に武田さんの本の内容は、日本人が忘れ去られている日本大麻の歴史と戦後の米国からの通達で日本国憲法に大麻を痲薬として栽培を禁じた内容を盛り込むようにされた経緯の説明が明瞭でわかりやく本当は、マスコミが取り上げる大麻栽培に対してもう少し掘り下げてみないといけない事が分かります。大麻と痲薬は違います。
それは、THC=テトラヒドロカンナビノールという成分が多い大麻草は痲薬成分を多く含んでいることが事実であり、日本の大麻草=日本大麻は、THC含有料が0.25%未満でありこの成分を打ち消す成分としてCBD=カンナビジオールも含まれて」います
結論は、大麻の栽培を禁ずるのではなく痲薬成分を多く含んでいるTHC=テトラヒドロカンナビノールという成分がいけないのであって大麻という植物が悪い植物ではない事です。
戦時中迄は、日本のあちらこちらで日本大麻は栽培され繊維素材として立派に役立っていました。
その繊維素材としての歴史は縄文時代からつづきます。

次に、赤星さんの本の内容は、20世紀が化石燃料の時代であれば、21世紀はヘンプの時代と言えるかもしれません。特にヘンプ(大麻)は、バイオ燃料としの活用にも期待できる植物であり日本でも温暖化ガスの排出を25%削減する為にも貢献できると思います。日本大麻の栽培をすると、風力・太陽光・地熱・と同等それ以上の環境への貢献度が高い植物なのです。
例としては、衣服・食品・建材・化粧品・肥料・飼料・塗料・紙・プラスチック・医薬品・燃料など様々な製品をつくる出すことが出来る付加価値の高い素材利用ができる特徴がある植物が日本大麻です。例えば、麻の葉文様の産着は、魔よけの意味で産着に刺繍していたほどですし、さらに神事でお祓いをする時の御幣に麻の繊維(精麻)つけています。他にもオガラ(日本大麻の麻幹)は、お盆には迎え火としてこのオガラを燃やして迎え火としました。
古代から大麻草が自生する場所は、重金属が多い土壌でした。例として足尾銅山の栃木県等があります。なぜかと言うと大麻草が土中の重金属吸収して抜いてくれるのです。このような植物ですから日本大麻の栽培には、農薬も化学肥料にも頼らずに栽培でき、地域の過疎化や新規就農者の育成も含めて21世紀の基幹産業になるのではないでしょうか。環境・雇用を守る新しい社会システムを古代から栽培されていた日本大麻栽培を復活して再構築すればと思います。
誤った法制度は見直していくのが本当だと思います。
自分=人間の都合で悪になったり善になったりしますが地球に住む家族に例えると分かりやすいと思います。この様に自然界には、不要な動植物は存在しません。それぞれ役目があるからです。

みなさんもこの番組をとおして日本の大麻草を身近に感じてください。

岩盤浴なら千葉県柏の女性専用岩盤浴・ストーンスパ ガイア


ご予約やお問い合わせはお電話・FAX・メールにて承っております。


お電話:04−7108−1531

FAX:04−7108−8335 

メール:ganbanyoku1126@yahoo.co.jp/

ホームページ:http://stonespa-gaia.jp/

住所:千葉県柏市若柴113番地  担当:富沢まで
 
千葉県柏市若柴の地図


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32123958
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック